駅舎撮影を始めたワケ

0
    今の若者が知っているかどうかはわからないが、自分が中学生だった昭和53〜54年ごろはブルトレブームだった。鉄道にはあまり興味はなかったが、あるとき鉄道ファンだった友人に連れられて夜の岡山駅にブルトレを見にいった。
    そこで見たピカピカの客車やかっこいいヘッドマークのついた機関車に魅せられ、それからはたびたび岡山駅にブルトレを撮影しに行くようになった。カメラは持っていなかったので親戚に借りていた。
    東京発着のブルートレインは深夜にやってくるので、それを撮るために徹夜をすることもよくあった。当時の深夜の岡山駅は何人もの少年ブルトレファンが集まっていた。
    そういうわけでブルトレや特急列車に興味を持つようになり、鉄道雑誌「鉄道ファン」も購読するようになった。
    【つづく】

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

     

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    無人駅探訪
    無人駅探訪 (JUGEMレビュー »)
    監修:西崎 さいき 編著:全国停留場を歩く会

     

    ブログパーツUL5

    selected entries