南阿蘇水の生まれる里白水高原駅

0
    JUGEMテーマ:鉄道・駅


    駅名が日本一、というだけではありません
    珍駅巡礼2 (私鉄篇)P68

    ★行程 2011.12.23
    − 1115 阿蘇下田城ふれあい温泉 −(徒歩2キロ)− 南阿蘇水の生まれる里白水高原 1203−


    阿蘇下田城ふれあい温泉駅でもっとゆっくりしたいな、と思いつつ、次の予定のため駅を後にします。
    次の列車まで1時間半ほどありますが、幸いにも次の目的駅まで2キロほどなので、ここから歩くことにし、出発。

    阿蘇の雄大な山々を眺めながら、約30分で目的地「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」に到着。



    かな書くとで22文字あり、いうまでもなく「駅名の長さ日本一」の駅です。




    鹿島臨海鉄道に「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅」があり、



    こちらもかなで22文字ですが、正式名で「南阿蘇水の生まれる里白水高原」が14文字「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」が13文字なので、「南阿蘇水の生まれる里白水高原」日本一の軍配が上がるというわけです。

    しゃれた待合室があり、駅前やホームには日本一をアピールする説明書きやモニュメントがあります。




    見よ! この景色!



    珍駅名というだけでなく、阿蘇の風を満喫できる風光明媚な駅でした。

    まだ昼過ぎですが、本日の訪問予定はこれで終了。列車を乗継ぎ今夜の宿に向かいます。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

     

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    無人駅探訪
    無人駅探訪 (JUGEMレビュー »)
    監修:西崎 さいき 編著:全国停留場を歩く会

     

    ブログパーツUL5

    selected entries