妻駅跡

0
    JUGEMテーマ:鉄道・駅


    バスセンターのそばの廃駅跡
    珍駅巡礼2 (私鉄篇)非掲載

    ★行程 2011.12.24
    村所 1300 −(バス)− 1426 西都BC 1455 −


    午後1時。村所駅に宮崎交通の西都バスセンター行のバスがやってきました。こんどは大型のバスです。


     (西都バスセンターで撮影)

    またもや乗客は自分ひとり。前から2番目の席に座ります。

    出発してしばらくして運転手さんが話しかけてきました

    「旅行ですか?」

    本の取材だ、というのも何なので「まあ、そんなとこです」と答えると、村所駅の建て替えのことだとか、昔は国鉄バスだったとか、沿線のみどころだとかいろんな話をしてくれます。バスファンや鉄道ファンが来ることも少なくないそう。

    道中は山深いのですが、天気がよく、ダムにより水をたたえた川沿いを走りたいへん良い景色です。こんなバスと景色をひとり占めだなんて贅沢な気分


    (Google ストリートビューより)

    山岳地帯を越え、西都市内に入るまで結局他の乗客はなし
    西都バスセンターにはほぼ定刻に到着。


     ▲西都バスセンター

    ここで高鍋行のバスに乗継ぐつもりでしたが、高鍋駅での列車への乗継ぎ時間がかなりシビア。遅れることが当たり前の路線バスでは大いに不安です。
    バスセンターで時刻表を見ていると高鍋行の前に宮崎駅行のバスがあるのでそれに乗ることにします。

    発車まで30分ほどあるので、すぐそばにある国鉄妻線・妻駅跡へ。







    妻駅は廃線前に来たことがありますが、当時の町のようすはほとんど記憶になく、食事をしたはずの食堂もどこだったか全くわかりません。
    でも、駅舎内に「ザ・ベストテン」のロケが行われたときの黒柳徹子&久米宏の写真が飾ってあったことはよく覚えています。

    時間となり、バスセンターにもどり、宮崎行きのバスに乗車、宮崎に向かいます。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

     

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    無人駅探訪
    無人駅探訪 (JUGEMレビュー »)
    監修:西崎 さいき 編著:全国停留場を歩く会

     

    ブログパーツUL5

    selected entries